読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊・逃げ馬ランキング

「逃げ」という点に重点を置いてランキング付けをしています

週刊・逃げ馬ランキング

2017.03.26逃げ馬レース回顧「高松宮記念」「マーチS」

芝・短距離 ダ・長中距離

「高松宮記念(芝1200m)」ラインスピリット シュウジ 前半ラップ33.8

シュウジが絶好のスタートを切るもやや抑え気味で、内からラインスピリットとセイウンコウセイに並ばれる。その後セイウンコウセイが譲ったのと同時に外からトウショウピストが並びかけて第3コーナーを3頭で回る展開。直線向いて3頭とも脱落で着外に

◆評価◆

あまり逃げたくないシュウジが絶好のスタートを切り、出来れば逃げたいトウショウピストの加速はイマイチで、逃げ絶好枠の内4番ラインスピリットが絡み、3頭の思惑のバランスが横並び状態を生んでしまった。3頭とも行くようないかないような、このランキングに入るほどの積極性は感じられなかったので、今回はチェック馬止まり。ランク変動なし

f:id:amano_shintaro:20170326165545j:plain

 

 

「マーチステークス(ダート1800m)」コクスイセン 前半ラップ36.6

スタートから少し気合を付けなんなく逃げ体制に入ったコクスイセン。向こう正面で6馬身の差をつけて3,4カーブで引き付けて、直線スパート。勝ち馬と0.6秒差の8着

◆評価◆

前走の控える作戦で惨敗から修正し、今回はしっかりと逃げた。8着にはなったが直線もしっかり走り勝馬との差は少なかった。やはり逃げれば力発揮できるタイプのようなので今後はさらに逃げにこだわるはず。期待

f:id:amano_shintaro:20170326165606j:plain

 

2017.03.25 逃げ馬レース回顧「春風S」「日経賞」「毎日杯」

ダ・短距離 芝・中長距離 3歳馬

「春風ステークス(ダ1200m)」アトランタ&ドラゴンゲート 前半ラップ33.7

アトランタが安定した好スタートで抜け出しかけたが、ブレたスタートのドラゴンゲートが二の足で盛り返し、並んで先頭争い

向こう正面では少しアトランタが出ているように見え、コーナーに入ると内側にいたドラゴンゲートが外のアトランタを振り切って直線に

両者とも直線半ばで後続に飲み込まれて、少し抵抗するも8着と6着に

f:id:amano_shintaro:20170326000301j:plain

 

 

「日経賞(芝2500m)」ヤマカツライデン 前半ラップ推定36.7

外からミライヘノツバサが前へでかけたところを内枠からヤマカツライデンが競り落として先頭を奪う

道中2番手のミライヘノツバサにつつかれ気味で進行、直線を迎えると早々と手ごたえあやしくなり、それでも大きくはバテずに7着

f:id:amano_shintaro:20170326000311j:plain

 

 

「毎日杯(芝2000m)」テイエムヒッタマゲ 前半ラップ35.2

好スタート好ダッシュでテイエムヒッタマゲが最大7馬身ほどの大逃げ

しかし直線手前の第四コーナーで早々とバテてしまい、結果大きく離された最下位

中距離初挑戦で今までの短距離戦と同じように走ってしまったので、今後のローテは短距離かダート路線にしぼるのではないかと予想される

f:id:amano_shintaro:20170326000320j:plain

2017.03.26 逃げ馬情報「高松宮記念」「マーチS」

芝・短距離 ダ・長中距離

 「高松宮記念(G1)」中京 芝1200m

 確固たる逃げ馬がいないこのレース。

ステップとなるオーシャンSを逃げた16番トウショウピストが一応の筆頭か。快速ウインムートと先頭を争った勢いがここで活きそう

シルクロードSが初の逃げになった13番ソルヴェイグ。結果6着だったが最後の直線の粘りは良かったので、また前を狙いそう

あとは好枠を利して6番セイウンコウセイが一世一代の逃げを見せるかといったところ

 

 

「マーチステークス(G3)」阪神 ダート1800m

10番コクスイセン。デビューから逃げていい結果を出してきた中で、前走では暴走気味なシャイニングレイを見て控えてしまった。結果、オーバーペースの方がまだマシだったであろうチグハグな競馬で惨敗。同じ轍を踏まないためにここでは逃げたいはず

2017.03.25 逃げ馬情報「春風S」「日経賞」「毎日杯」

ダ・短距離 芝・中長距離 3歳馬

「春風ステークス(1600万下)」中山 ダート1200m

先週オープンクラスで逃げて2着に入った9枠アトランタが今週も連闘で出走。近走5戦連続で逃げを決めており、ここでも最有力

ライバルとなるのは3枠ドラゴンゲート。この馬はスタート直後はほどほどに出て、カーブの前で先頭に立つスタイルで好結果を出している馬。前走ではアトランタと対戦していて、その時は2番手に追い上げるまでに留まった。内枠の分有利にはなるがどうか

 

 

「日経賞(G2)」中山 芝2500m

9走連続で逃げている芝中長距離ランキング2位の3枠ヤマカツライデン。先行勢に強い馬は揃ったが、スタートから先頭に立ちたいのはこの馬だけだろう

 

 

「毎日杯(3歳G3)」阪神 芝2000m

8頭立てと小頭数になったこのレース、逃げそうなのは2枠テイエムヒッタマゲ。短距離中心に使われ、ここ2戦はダートで逃げ切り2連勝。今回も逃げて連勝の流れに乗ろうとするはず

その他の馬で逃げたことがあるのはトラストだけで6か月前の札幌2歳の勝利時。小頭数でスローペースになりやすいので流れ次第で思い切って出る可能性がなくはない